変化を恐れるな!心は体から変える。

自分を変えたいけど、変われない…….そんな悩みを抱えた人のために記事を書きました。

全ては脳の生理学的反応です。

それに気づくと、人生が楽になります。

Contents

人間は変化を恐れる生き物

昨晩4歳になる息子とこんな会話をしました。

 
 
 
我が家には就寝前の決まったルーティンがあります。
 
 
 
お風呂→歯磨き→トーマスのipadゲーム→YouTube→就寝
 
 
 
 
息子たちは、就寝前にだけ、ゲームとYouTubeを許されています。
 
 
それは息子たちの夜の楽しみでもあるのですが、近頃寝つきのあまり良くない息子たちをみて、こんな仮説をたてました。
 
 
「もしかしたら、寝る前のブルーライトが眠りを妨げているのでは…….」
 
 
そこで、息子にこんな提案をしました。
 
 

「今日は、お風呂の前にトーマスのゲームをしようか!」

 
すると息子は…..

「ダメだよ。ゲームは寝る前にするの!」

 
 
あっさり却下(笑)
 
 
 
まぁ、これはあんまり良い例えではないかもしれませんが………
 
 
要するに私が伝えたいのは
 

人は、普段のルーティンから抜け出す事にストレスを感じる生き物。

 
という事です。
 
 
それは、私たちの脳が危険を回避する為に、馴染みのないものを無意識に避ける習性から起こります。
 
 
しかし同時に、人間は経験によって対応力を強める生き物でもあります。
 
 
 
本能的な脳が変化を恐れる一方、変化を続けられる人と、そうでない人とでは、人生に大きな差が生まれますね。
 
 
今回は、生理学的観点から、変化を恐れない人になる為の方法についてお話しします。
 
 

私たちは日常に縛られている

 
 
さて、こういった反応は、家の息子に限りません。
 

皆さん少なからず、こんな自分に気づいた事があるのではないでしょうか?

 
 

・コンビニで買い物をする時、なんとなくいつもと同じ物を選んでしまう

 

・家じゃないとうまく寝られない

 

・朝ごはんは毎日カレーじゃなきゃヤダ(笑)

 

・準備運動をしないと動けない

 
 

私たちは無意識にも慣れ親しんだ、同じ行動を繰り返します。

 
それは、脳が潜在的な危険を避けながら、ムダなエネルギーを節約する為の作戦なのです。
 
 
こういった事は、私たちの脳に備わった便利な仕組みですが、それが強く現れすぎると、人生の足かせになりかねません。
 
 

習慣と固執

 
 
習慣は私たちが変化していく上で欠かせない物です。
 
 
毎日行う事を、よりエネルギーロスが少ない様に学習していく事は、脳の基本的な原則です。
 

だけど、習慣と固執は違います。

 

習慣は

「この食べ物は体に良いから毎日摂ろう!だけど、食べれない時があるのは仕方ない…」
 

固執は

「この食べ物は体に良いから毎日摂ろう!食べれない時があると不安でしかたない」
 
 
あなたが「習慣」と思っていることは「固執」ではありませんか?
 
 
 

変化を恐れないためには?

 
 
ここで少し脳のお話をします。
 

私たちの脳は、常に未来を予測しながら、自律神経を変化させています。

 
それによって、恒常性を維持しています。
 
 
 

恒常性とは体内の環境を一定に保とうとする働きの事です。

 
 
慣れ親しんだ事、予測できる物に対しては、どれ位自律神経系を調節して、対応すれば良いかがわかります。
 
 
しかし、馴染みのない行動に対しては、予測機能がうまく働きません。
 
 

つまり、体をどうやって準備したら良いか分からないのです。

 
 
だから脳は一生懸命に働きます。
 

新しい物事に対応する為には、大量のエネルギーが必要なのです。

 
 

エネルギーを要することは、生存維持の観点から潜在的な危険要素です。

更に、何が起こるかわからない、何かしらのリスクを伴う行動も、脳はできるだけしたくありません。

 
そのため、本能的に私たちは慣れない事を避ける傾向にあります。
 
 
 
しかし、慣れないことに取り組み、自分の物にして行く事で、将来の適応力を高める事もできます。
 
 
 
 
その差はなんでしょうか?
 
 
 

私たちは、自律神経の調整能力が不十分な時、必要以上に変化を恐れる傾向が強くなります。

 
 
 
 

その事を考えた時、この一連の働きに大きく関わる部分があります。

 
 

それは島皮質です。

 
 
島皮質の代謝が良くないと、自律神経の働きは悪くなり、私達は必要以上に変化を恐れる傾向にあります。
 
子供の場合は、まだ発達が未熟な事もあります。
 
 
だけど、大人になってからも自分の行動に柔軟性がないと感じる時には、島皮質の働きが低下している可能性が強いです。
 
 
 

心の持ち方だけじゃない。

 
 
「柔軟な考えを持ちなさい!」「変化を恐れるな!」とは良く言われた物ですが、嫌なものは嫌なのです(笑)
 
 
それは「心の持ち方」「考え方」という話ではなく、全て脳内の生理学的変化です。
 
 

つまり、脳の働き変えてあげると感情も変わります。

 
 
島皮質の代謝をあげる事で「変化に対応し易い脳の状態」を作れます。
 
 

島皮質の働きを良くするには?

 
 
 
島皮質にアプローチする方法は沢山あります。
 

最も簡単な方法は、お腹にサウナベルトを巻く事です。

 
 
軽い圧迫と、温感が何とも言えない安心感を作り出してくれます。
 
 
この安心感は島皮質から起こる感覚です。
 
 
ベルトを巻いた状態で、しばらく日常生活を過ごしてみてください。心の潜在的な持ち方が変わります。
 
 
変化をおそれない柔軟な心になるには、体からアプローチしてみてはいかがでしょうか?
 
 
 

気に入ったらシェア!





ニューロトレーニングセッション

〜Neuro training session〜

「身体の不調を根本から治したい!」「もっと身体のパフォーマンスを高めたい!」そんなあなたに……
最新の脳神経学に基づいたメソッドで身体を変えませんか??




ABOUTこの記事をかいた人

H.K.T

〜馬とはカラダで会話する〜究極の【人馬一体】を目指す現役JRA騎手。日本で様々なトレーニング・整体・ボディーワークを経験。自ら渡米し最新の脳神経学に基づくトレーニング理論を学ぶ。