メニエール病だけじゃなかった!腰痛の原因にもなる三半規管のテストとリハビリ

(この記事は2019年1月12日に更新されました。)

 
今日は、三半規管についてお話しします。
 
バランスや、目眩などの問題があって病院に行くと殆どの確率でメニエール病の可能性があると診断を受けるでしょう。
 
しかし、三半規管に起きる問題はメニエール病だけではありません。
 
以外と知られていませんが、アスリートを含めて8割の人は前庭器官(三半規管と耳石器の総称)にいくらかの問題があると言われています。
 
三半規管の不調は
 
視力の低下
 
腰痛や膝痛
 
側湾症
 
鬱病や統合失調症
 
 
この様な症状の原因にもなり得る事が最新の研究で明らかになりつつあります。
 
なぜこの様な事が起こるのか、そして簡単なテストとリハビリ方法をご紹介したいと思います。
 

メニエール病だけじゃなかった。腰痛の原因にもなる三半規管の不調とは?テストとリハビリ⑴

 
 

三半規管の構造

 
三半規管は、3つの「輪っか」が組み合わさった形をしています。
 
 
それぞれの「輪っかの」中にはゼリー状の液体が入っていて、頭が傾くと中の弁をひとつの方向に押します。
 
その結果、頭がどちらに傾いたのかを感知する仕組みになってます。
 
 

三半規管の不調とは?

 
 
三半規管はとても繊細な器官なので、ちょっとした頭のケガでダメージを受けて働きが悪くなる事があります。
また、座って仕事をすることが多いなど、刺激が不足する事も働きの悪さの原因になります。
 
 
では、実際にはどんな事が起こるのでしょうか?
 
三半規管の弁は、ON / OFF スイッチの様な役割をしてるのですが、その中間にあるときも、ある程度働いてる状態にあります。
つまり、通常時のゲージが100だとしたら、それが60に減ったり、120に増えたりしてるのです。
 
 
 
働きが悪くなった状態では、この通常時のゲージが100じゃなくて80や60の様になります。そうすると、常に頭が傾いているように感じてしまうのです。
 
 
しかし、多少の不調が意識的に感じられることはほとんどありません。
 
 
 
脳は眼からの情報でも自分のバランスを保っています。
なので、眼と三半規管が別々の情報を送っていても、勝手に補正されているのです。
 
 
そのため日常生活に支障はない様に感じる事がほとんどですが、様々な不調の原因になります。
 
 
 
この様に、ケガで正常な働きを失う事はよくあるのですが、問題はちゃんとリハビリされていない事。そもそもリハビリの仕方を教えてもらえない事です。
 
 
もちろんお医者さんでも検査される事は殆どないでしょう。
 
 

三半規管の反射

 
僕たちは意識せずとも、無意識にバランスを保ってますよね?
 
多少押されたりしても、よっぽどの事がない限り倒れることはありません。
 
 
それには三半規管の反射が関わっています。
 
 

1.前庭動眼反射(VOR)

 
 
頭が動いても眼が一緒に動かないようにする手ブレ補正機能です。
 
三半規管に問題があると視力にも影響が出ます。
 
 

2.頸前庭反射(VCR)

 
首の筋肉とつながって、頭を安定させる反射です。
 
 
頭がユラユラしてる人は三半規管に問題があるかもしれません。
 

3.前庭脊髄反射(VSR)

 
脊柱起立筋とつながって、姿勢を保ちます。
 
 
三半規管の不調が腰痛側湾症の原因になります。
 
 
 
この三つ以外にも、下半身の筋肉とも反射でつながっていると言われています。
 
また、三半規管の情報は「島皮質」と言う場所で他の感覚と合わさります。
 
 
乗り物酔いで吐き気がするのは、「島皮質」が同時に内臓の感覚を処理しているからなのです。
 
 
 

三半規管の不調で起こる症状

 
 
では、どんな人が三半規管に問題を抱えている可能性があるのでしょうか?
 
  • 乗り物酔いが激しい
  • 事故やケガの後、視力が急激に低下した。
  • お腹を壊しやすい
  • 側湾症
  • 人混みが苦手
  • 地に足がついていない感覚がする。
  • 鬱感情
  • 自分が自分でないような感覚
  • 慢性の腰痛
  • 慢性の膝痛
  • 首の不調
  • 音が聞こえにくい
 
 
以上の中でいくつか当てはまるような項目がある人は、三半規管の問題が疑われます。
 

三半規管のテスト方法

 
では、どの様に三半規管の不調を確かめれば良いのでしょうか?
その1つの方法が前庭動眼反射(ぜんていどうがんはんしゃ)をチェックする事です。
 
前庭動眼反射とは頭が一方向に向いた時に、眼が反対の方向に動く事で、視覚情報のブレを減らす反射ですね。
 
三半規管をテスト時に重要なのは、どの半器官(輪っか)に問題があるのかを特定する事です。
頭を向ける方向によって、違った半器官が働くので別々にチェックして行きます。
 
用意するもの
 
視力表
 
スマートフォンのアプリでもダウンロードする事ができます。
 
 

1.視力表ではっきり見えるラインを確認します。

 
両目で視力表をみてギリギリ見えるラインの1つ上あたりが目安になります。
視力を図っている訳ではないので正しい距離でなくても大丈夫です。自分の立っている位置からハッキリ見えるラインを確認して下さい。
距離が近くなると、必然的に眼が動く範囲が広くなりますので、より厳しくテストすることになります。
 

2.文字に焦点を合わせたまま、頭を8方向に動かします。

(1)で確認したラインの文字1つに焦点を合わせたまま、頭を動かします。

 
頭を向ける方向は全部で8方向です。鼻の頭が以下の方向に動くイメージで行なってください。
 
 
 
  • 右上
  • 左上
  • 右下
  • 左下
  • 真上 
  • 真下
 
眼が反対の方向に動きます。
 

3.視力の変化をチェックします

 
頭を一方向に向けた時、文字がボヤける様であれば、その方向に対応する半規管(輪っか)に問題があります。
 
若しくは、頭と眼が別々に動いてくれない等、テスト自体をうまく出来ない場合も三半規管の働きが疑わしいでしょう。
 
 
なぜならこの反射、たった一つのニューロンを跨いでつながっている身体の中で最も基本的な仕組みの1つだからです。
 
 
でも、普段の生活では眼と頭は一緒の方向を見ていませんか…..?
 
 
はい。頭と眼が同じ方向を見るときには、前頭葉を使ってこの反射を抑えているのです。
なので、まずはこの反射がキチンと働いてるか確かめる事が大切です。
 
 
 
 
 

三半規管のリハビリエクササイズ

 
テストで問題を発見できたら、問題のある方向への動きをトレーニングしていきます。
 
 
基本のやり方は、テストと同じです。しかし、意識して欲しいのはスピードです。
 
 
顔を問題の方向に向けるときは普通のスピードで。
真ん中に戻るときには、5秒かけて戻るようにしてください。
 
 
そうすることで、問題のある半器官だけを特定的に刺激する事ができます。
 
気持ち悪くならない範囲で、繰り返しこの動きを行って下さい。場合によっては3回~5回ほど弱っている半器官を刺激するだけで、痛みの問題が解決することもあります。
 
 
問題のある半器官がひとつとは限りません!もし、複数の方向で問題が見つけたら、全てをトレーニングして頂いても良いですし、最初は痛みがとれたり良い感覚が得られる方向だけを行うのでも大丈夫です!
 

まとめ

 
以上が簡単な三半規管のチェック方法とリハビリのエクササイズになります。
 
繰り返しになりますが、三半規管のちょっとした不調はほとんどの人が持っているものです。
 
トレーニングしていく事で思いもよらない症状の改善や、身体の動きの変化を感じていただけると思います。
左右の視力をエクササイズの前と後でチェックして頂くこともオススメの方法です。
 
 
是非試してみて下さい。
 
もし、この記事で身体の変化を感じたらシェアしていただけると嬉しいです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 



パーソナルトレーニング✖整体
〜Neuroscience based training session〜

「身体の不調を元から治したい!」「もっと身体のパフォーマンスを高めたい!」そんなあなたに……
最新の脳神経学に基づいたメソッドで身体を根本から変えませんか??




ABOUTこの記事をかいた人

H.K.T

1989年3月12日産まれ。現役JRA騎手、自身の身体の不調を治し、パフォオーマンスを極限まで高める為に渡米、最新の脳神経学から身体を変えるトレーニングZ-healthを学ぶ。本業の傍、アスリートや身体の不調に悩む人へのトレーニング指導も行なっている。