股関節の可動性『ジョイントモビリティトレーニング』

(この記事は2017年7月31日に更新されました。)

 

身体の中で最も広い可動域を持つ関節。
「大腰筋」「腸腰筋」とも関係の深い関節。

それが、股関節です。

可動の悪さは、腰痛やO脚、X脚、膝の脱臼など様々な不調の原因となります。
逆に動きの良い股関節は、強い体幹をも作ります。

今日は、そんな股関節の可動を良くするエクササイズをご紹介します。

股関節の可動性『ジョイントモビリティトレーニング』

股関節の可動域

股関節と聞いてイメージするのは派手なスプリットや前後開脚、膝に顔がつく柔らかさでしょう。

しかし、健康で機能的な股関節に大切なのは、「全ての可動域を自分の力で動かせる事」なのです。

多くのエクササイズでは、前、後ろ、横など特定の方向にしか動かしません。

実際には水平方向に360度、内捻り、外捻りを加えた状態で動ける必要があります。
先ずは、股関節の構造を見てみましょう。

股関節ってどんな関節?

 

身体はその形状をイメージできると、より動かしやすくなります。

股関節の形状

多くの人が股関節と勘違いしている「腰骨の下の出っ張り」は、大転子と呼ばれる部分です。

股関節は、そこから少し内側に入ったところにあります。
ボールとソケットの様な形が、あらゆる方向への動きを可能にしています。
皮膚の上から触るのは少し不快ですが、鼠径部のラインの中心あたりです。

大腰筋

腰椎から伸びる大腰筋は大腿骨の内側の出っ張りに付着します。(小転子)
その為、動きの良い股関節は、強い大腰筋を作ります。

参照→関節運動反射とは?

 

股関節のモビリティトレーニング

これから、行うエクササイズはストレッチとは違います。一般的なストレッチは身体を硬くし、ケガのリスクを高める事になりがちです。

ここでの目的は、関節に存在する神経を刺激することです。

1. 真っ直ぐ高い姿勢を保ち、壁などの身体を支えられる物の横に立ちます。
股関節のモビリティトレーニング
2.片足を前に出します。大転子に手を当て、その動きを感じながらエクササイズしても良いでしょう。

内と外に股関節から捻ってみて、苦手なポジションでキープしたまま全てのエクササイズを行います。(難しい場合は真っ直ぐのままでも構いません)
股関節のモビリティトレーニング3
3.身体の前で、股関節から円を描きます。1周5〜10秒かけて3回繰り返します。
(かかとを押し出すように股関節から動くのがコツです。)

反対周りも同じ様に行います。

股関節のモビリティトレーニング4

 

 

4.身体の前に脚を持ってきて、そこで同じ様に円を描きます。
出来るだけキレイな円を描いて下さい。

股関節のモビリティトレーニング5

5.次は身体の真横で円を描きます。
股関節のモビリティトレーニング6

6.身体の真後ろで行います。

骨盤が前傾しすぎないように気をつけます

股関節のモビリティトレーニング

 

7.全ての方向をつなげて、出来るだけ大きく、全ての可動域を通る様に3回ずつ円を描きます。
股関節のモビリティトレーニング8

同じことを反対の脚でも行います。

最初は寝た状態で行っても構いません。

ポイントは

・呼吸をしながら行うこと。
・骨盤で動かさない事、
・真っ直ぐの姿勢を保つ事
・出来るだけゆっくり行う事
です。

身体の変化をチェック

いかがでしたか?

 

大切なことは、自分が普段動かさない可動域を自分の力で動かすことです。

 

単純な様で、かなりの集中力と細かい筋肉の力を使います。
そのため、あなたが思っている以上に疲労を感じるかもしれません。

歩いてみて身体の変化を感じて下さい。

最後にもう1つ。股関節は、対角線の肩関節と神経学的に繋がっています。
肩の動きをエクササイズの前後でチェックしてみて下さい。
痛みのある肩の対角線の股関節を動かす事で、痛みがとれる事もあります。
是非、参考にして見て下さい。

 

 

 

気に入ったらシェア!




脳神経学✖パーソナルトレーニング
〜Neuroscience based training session〜

「身体の不調を根本から治したい!」「もっと身体のパフォーマンスを高めたい!」そんなあなたに……
最新の脳神経学に基づいたメソッドで身体を変えませんか??




4 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      歩くときに、左右の手と足が意識せずとも同時に動きますよね?これをInterneuron couplingと言います。

      つまり、股関節を動かしてるとき、反対の肩関節の周りの筋肉にも活性と抑制が起こっています。
      これを応用すると、対応する関節を特定の方向に動かすことで、対角線の関節の痛みや主動拮抗筋バランスを整える事が出来ます!

  • 今このサイトを発見しました。素晴らしいです。おそらく、このサイトの価値がわかるのはスポーツをやりこんでいる数少ない集団かもしれません。私も55歳、自称現役アスリートとしてトレーニングを勉強してきていろんなことに対して違和感がありました。そのいくつか或いはほとんどがZ-Healthで答えが見つかりそうです。HKTさんに感謝します。

    • コメントありがとうございます。ご理解頂けて嬉しいです。僕自身、ありとあらゆるトレーニングや整体の経験からここに辿り着きました。
      正直、業界全体のあまりのレベルの低さに憤りすら感じていました。ビジネス主導で発展する社会の限界でしょうか?(笑)
      そんな中、Z-HEALTHは、真実を教えてくれる
      数少ない教育機関だと感じています。僕自身、もっと勉強して価値ある情報を発信できるように頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    H.K.T

    1989年3月12日産まれ。現役JRA騎手、自身の身体の不調を治し、パフォオーマンスを極限まで高める為に渡米、最新の脳神経学から身体を変えるトレーニングZ-healthを学ぶ。本業の傍、アスリートや身体の不調に悩む人へのトレーニング指導も行なっている。